• ホーム
  • 爪水虫の悩みはラミシール錠で完治!

爪水虫の悩みはラミシール錠で完治!

2019年09月08日
脚にクリームを塗る女性

ローションタイプのケトコナゾールを使ったとしても、爪水虫にはほとんど効果を及ぼさず白癬菌の進行を止めることは出来ません。もしも爪水虫に感染したのであれば、ラミシール錠を服用するようにしましょう。

水虫は、家族感染する可能性が高い病気です。誰かが水虫患者の場合は、その方の角質に白癬菌が大量に含まれているのです。ただ歩いているだけでも角質はいつの間にか床に落ちているのですから、家族感染を防ぐにはかなりの注意が必要です。

水虫というとかゆみを伴うものというイメージが強くありませんか。でもそれは水虫の一種類に過ぎず、足のかかとがカサカサになったり爪が白くなったり、進行してもかゆみは全く無かったり、といった症状を起こすこともあるのです。家族に感染しても、初期段階では他の病気と間違われがちで、たとえ初期段階を脱してもそのまま自分は水虫ではない他の病気になっていると思い続けている方も、そうして更に感染を広げていくこととなるのです。出来れば感染者が出る前の段階で、ある程度の知識を持っておくことをおすすめします。

白癬菌は様々な所に感染するため、合併症となるケースも多いものです。足の指の間がかゆい、かかとがカサカサであるといった具合です。そんな中で合併症として特に注意が必要なのが爪水虫、何しろ爪という硬い角質の奥底に入り込んでいるのですからちょっとやそっとでは対抗できません。ラミシール錠を内服することで、身体の内側から効果を発揮するしかないのです。

ラミシールの有効成分はテルビナフィンです。このテルビナフィンも、ケトコナゾールと同じく抗真菌薬です。白癬菌の細胞膜の合成を阻害します。家族が足のかゆみを訴えている時に、もしも自身もかゆみがある、あるいは爪がなんとなく白くなってきた、変形してきたという場合は、早めに病院に行くことをおすすめします。その患部の角質を採取し顕微鏡で調べてもらいましょう。白癬菌がいれば一発で分かるのです。

他の部分に水虫を持っている・家族が水虫になってしまったという場合、かなり予防に努めていないと爪水虫になるのは時間の問題です。どうせクリームやローションタイプの薬があるのだからそれを使っていれば大丈夫、とは言えないため、きちんと爪水虫専用の内服薬を手に入れるようにしましょう。服用するタイプだからこそ身体への影響は大きいものです。塗り薬以上に、医師との連携の元で使用することが求められます。